ウィーン・チェコ 旅の収穫“ヨゼフ・パレチェク”   

2013年 07月 04日

6月18日〜28日まで、ウィーン〜チェコの旅に行ってきました。
友人のノアママさんと二人旅。

ず〜っとずうう〜っと行きたかったチェコ!
やっと夢が叶いました!
a0116106_18555683.jpg


旅行記は次回から数回にわけてご報告します。

ということで、今日は旅の収穫をご紹介します。

プラハの古本屋をめぐって、大好きなヨゼフ・パレチェクの絵本を1冊だけゲットしました!
a0116106_1912967.jpg


新書を扱う大きな書店に行って聞いてみても、古本屋を数件まわっても、
何故かパレチェクの絵本がないのです。
誰かが買い占めているんじゃないか?と思うくらい。

何故?
知っている人がいらっしゃいましたら、教えてください。
本当に。

そんな中見つけた1冊。

クシェメンツォヴァという、小さな古本屋さん。
ドアの窓から店内をのぞくとバナナの箱がつんであって、
「あれ?ここ本屋じゃないの?スーパー?」
と一瞬考えてしまいました。
私を見つけた店員の女性の方がニコっと笑って「どうぞ、入って」という感じだったので入ってみると、バナナの箱には本がぎっしり。
店内にもぎっしり!

さっそく
「ヨゼフ・パレチェクの本はありますか?」
とチェコ語で書いた紙を見せると
(※ヨゼフ・パレチェクの発音が難しく、言ってもわかってもらえないので紙に書きました)
「調べてみるから待って」と店長さんらしい男性が英語で答えてくれました。

しばらくすると店長さんらしい男性が
「倉庫にあるから着いて来て」と。
お店の裏口から外廊下に出て倉庫に入ると、バナナの箱がわんさと積んであるではありませんか!

箱が5段くらい積んである一番下の箱にどうやら入っているらしく、店長さん(勝手に店長にしちゃいます)はわざわざ箱を動かして一番下の箱からパレチェクの絵本を取り出してくれました。
それがこの絵本でした。

『Kouzelny sad“魔法の果樹園”』1986年に制作された絵本です。

どこかで見たことある・・・と思って後で調べてみたら、
チェコアニメで発表された絵本でした。
うん、見た。見たぞ。アニメーション見た。思い出した。

ほ、欲しい!でも値段が気になる・・・。すっごい高かったらどうしよう〜。
そしたらカードで買うしかない!

恐る恐る値段を聞くと、チェココルナで350チェココルナ。
日本円にすると約1960円くらい。

即買いでした016.gif
念願の絵本!
嬉しかった〜。

絵本なら日本でも買えるしネットでも買えます。
でもそうじゃなくて、自分の足でプラハの街を歩いて探すことに意義があるのです。


今度またプラハを訪れる時には(絶対に行くぞ)、
プラハ中の本屋をまわって、ゆっくりじっくり捜してみたいと思います。

古本屋の情報は、
『チェコへ、絵本を探しに』(チェドックザッカストア・谷岡剛史著)を参考にしました。

一番行きたかった猫ちゃんのいる古本屋「ミンガス」は移転してちょっと遠くなっていたため、
今回は行けませんでした。
猫ちゃんも高齢のためお店には出ていないということで・・・。
残念でした。

でも今度は絶対、行くぞ〜!


次回は旅行記ウィーン篇です。
お楽しみに!
[PR]

by ya-copo | 2013-07-04 19:43 | 日々のこと

<< 旅行記 ウィーン篇 今年の牡丹 >>