カテゴリ:日々のこと( 41 )   

一日遅れのメリークリスマス   

2015年 12月 26日

一日遅れてしまいましたが・・・

Merry Christmas!!
and
Happy New Year!!

a0116106_11225227.png

[PR]

by ya-copo | 2015-12-26 11:23 | 日々のこと

明けましておめでとうございます   

2015年 01月 04日

新年明けましておめでとうございます。
昨年もあまり更新しないブログでしたが、今年はもっと更新していきたいなあ〜と
思っております。

今年の目標(予定)は、海外進出!です。
『どんぐりのき』『ネルとマリのたからもの』(共にPHP研究所=刊)が、
中国より翻訳出版することが決まりました。
初の翻訳出版です!

この2冊の絵本、中国の人たちはどのように読み、何を感じるのかな。
感想聞いてみたいな。

出版はまだ先ですが、出版されたらまたブログにアップします。

あとは海外での展示の予定があるのですが・・・
予定は未定。
きちんと決まり次第アップしたいと思います。

2015年
いろんな出会い、チャレンジ、苦しいことも悲しいこともあるかもしれません。
でも、全ては恵み!と何事も感謝していける年でありたいです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

ミュウミュウの背中に♡模様が!
って、作ってみました(笑)。
a0116106_23122191.jpg


本当はこんな模様です。
a0116106_23131492.jpg


ミュウミュウもよろしくにゃ!
[PR]

by ya-copo | 2015-01-04 23:15 | 日々のこと

旅行記 ブラチスラヴァ篇   

2013年 07月 09日

ウィーン滞在中、一人でブラチスラヴァを訪れました。

ウィーンからブラチスラヴァまでは、バスかトレインで約1時間で行くことができます。

ウィーン中央駅から出発。これに乗ります。
a0116106_22423831.jpg


そしてブラチスラヴァ中央駅で下車。
そこからバスやトラムやタクシーや歩きで旧市街に行きます。
歩ける距離だと聞いたので、歩いていくことに。

しかし・・・。
地図を見ながら歩いているのに、何か違う気が…。
駅まで戻って違う道を歩き出すも、やっぱり違う…。

地図とにらめっこをしていると親切なおじさんが声をかけてきてくれました。
「どこに行きたいんだ?え?ここ?歩いて行くって?」
おじさんはう〜んと言う顔して、道の説明を始めましたが、これも何か違う。

「今ここは何処ですか?」
私が聞くと、おじさんは地図にはない宙に浮かぶ見えない道をぐるぐる指さして、このあたりと。

そうです。私は間違った駅で降りていたのです!

おじさんに会わなければ、それすら気付かず、いつまでも彷徨っていたことでしょう( ̄◇ ̄;)

おじさんは旧市街に行くバス停まで送ってくれました。
なんて、なんて親切な方だったのでしょう。
おかげで無事ブラチスラヴァ旧市街に行くことが出来ました!
おじさん、ありがとう!

ブラチスラヴァは思った以上に観光客が多く意外でした。
この写真はまだ静かなフラヴネー広場。
この後この広場は人で埋め尽くされました。
a0116106_2247566.jpg


静かな田舎町と聞いていただけに、ちょっとがっかり。
ま、私も観光客の一人なのですが。

a0116106_22484772.jpg


聖マルティン大聖堂。
遠〜〜くに見える白い塔のある屋根、ブラチスラヴァ城。今回行きませんでしたが・・・。
a0116106_23165973.jpg



この風景、好みです。ぞくぞくしちゃいました。
a0116106_22492459.jpg



ブラチスラヴァにはこんな像が。
a0116106_22501141.jpg

そこ、涼しいですか?
a0116106_22503510.jpg


a0116106_22513965.jpg


ヴラチスラヴァの旅行資料が本当に少なく、図書館で見つけた1冊を頼りに町中をぐるぐる巡ったのですが、どうもその本も古かったらしく・・・。
行きたかったお店がなかったり見つからなかったり。

でも、行きたかった場所(建物)にはたどり着けました。
世界的に活躍するスロバキアの絵本作家ドュシャン・カーライ氏が教授として勤めておられるブラチスラヴァ美術大学のある建物。
a0116106_22564190.jpg

おお〜、ここにカーライさんがおられるのですね!
と、感動して中庭をのぞいていると
「そこは入っちゃだめ!」と言われてしまいました。

でも行けて良かった!

ブラチスラヴァのスーパーでお水を買い(ウィーン以上に日射しが暑かった!)、
今度はちゃんとブラチスラヴァ中央駅からウィーンに帰ってきました。

ここでも1件古本屋へ立寄りました。
たくさんの絵本がありましたが「これは!」というのは見つけられず。
これも出会いですからね。

ずっと心に残るであろうドキドキ楽しいプチ一人旅でした。

次回はチェコ・テルチ篇です。
[PR]

by ya-copo | 2013-07-09 23:06 | 日々のこと

旅行記 ウィーン篇   

2013年 07月 05日

昨日のブログにも書きましたが、改めまして・・・。

6月18日から28日まで旅行に行ってきました。
観光でもありましたが、今後の作品創作のための取材旅行でもありました。

一緒に行ったノアママさんには本当に本当にお世話になりました!
宿の予約から移動手段の準備や手配、コンサートのチケット予約など、何から何までやっていただいてしまいました。ありがとうございました012.gif
(行かないのにお手伝いくださった旦那様にも感謝です〜)

18日に日本を出発。
フィンランドのヘルシンキにてトランジット。
ウィーンへ。空港から空港までの所要時間15時間35分くらい。

ウィーンには3泊4日。
泊まったホテルはウィーン西駅すぐにある「ホテルフュルステンホフ」。
古い建物ですが、なかなか味わい深いホテルでした。
朝食のパンやヨーグルトが美味しかった!
a0116106_2203864.jpg


エレベーターは手で開けて乗るという年代物。
a0116106_2211549.jpg


ウィーンで巡った場所。

☆旧市街の真ん中にそびえるシュテファン寺院。
どうしても犬を入れたくて撮ったら、上の方が切れてしまいました(笑)。
a0116106_2233886.jpg


☆ルプレヒト教会。
ウィーンで最も古い教会。
a0116106_228747.jpg

a0116106_2282939.jpg


内観がシンプルでとても素敵でした。
a0116106_2284085.jpg


☆書店
2階には絵本がたくさん。日本でも見るような翻訳物が多かったかなあ。
センダックとかバーニンガムとか。
a0116106_22131754.jpg


町中には観光用の馬車がずら〜り。ノアママさんから聞いて知ったのですが、馬のおしりに袋がついていて、馬糞が道に落ちないようになっていたそうです。
どうりで、街が奇麗だったわけだ。
a0116106_2216513.jpg


☆デーメル
ウィーンでも有名なケーキ「ザッハートルテ」は食べなくちゃ!
生クリームはオプションでつけてもらいます。
生クリームは甘くないのでケーキに良く合います。でも多すぎ。
a0116106_22201481.jpg


写真はありませんが、記録のために行ったところを記しておきます。
☆ペーター教会

☆ベルヴェデーレ宮殿(上宮)
クリムトの有名や作品「接吻」が展示してあります。
他にも19・20世紀の絵画がたっくさん。

☆美術史美術館
ブリューゲル、フェルメール、デューラー、ラファエロなど有名な画家の作品多数。
クリムトの壁画があることでも有名。

☆楽友協会
ウィーンと言ったら音楽。夜にクラシックを聴きに行きました。

☆その他
書店数軒
スーパー数件


野菜不足解消のため、夕食はスーパーでサラダやパンやヨーグルト・果物などを買って食べていました。
ウィーンのスーパーはとても充実していて、選ぶのが楽しかったです。

ただ・・・
ウィーンとっっっても暑かった!
本当はもっとカフェに入ってケーキ食べたりしたかったけれど、暑くて食欲がわかず。
美味しいチョコレートも欲しかったけれど、溶けることを危惧して買えませんでした。
ウィーンがこんなに暑いとは知りませんでした。
水がぶ飲みでした。


それから、あまり写真がないのは、撮りたい風景があまりなかったからです。
ウィーンは清潔でおしゃれで素敵な街でしたが、作品に反映したいという感じではありませんでした。

ウィーンで良かったのは、食べ物(お惣菜なども)が美味しかったところ。

感心したのは、街中に犬のう○ちを捨てるゴミ箱が所々に設置してあり、犬と一緒に電車や地下鉄やバスに乗ってもOKという犬に優しい街だったところ。もちろんカフェもOK。

あと、交通が便利だったところと清潔だったところ。
ウィーンに比べると日本は街中にゴミ箱が少ないと感じました。

以上ウィーンでした!


次回はスロバキア篇です。
[PR]

by ya-copo | 2013-07-05 22:55 | 日々のこと

ウィーン・チェコ 旅の収穫“ヨゼフ・パレチェク”   

2013年 07月 04日

6月18日〜28日まで、ウィーン〜チェコの旅に行ってきました。
友人のノアママさんと二人旅。

ず〜っとずうう〜っと行きたかったチェコ!
やっと夢が叶いました!
a0116106_18555683.jpg


旅行記は次回から数回にわけてご報告します。

ということで、今日は旅の収穫をご紹介します。

プラハの古本屋をめぐって、大好きなヨゼフ・パレチェクの絵本を1冊だけゲットしました!
a0116106_1912967.jpg


新書を扱う大きな書店に行って聞いてみても、古本屋を数件まわっても、
何故かパレチェクの絵本がないのです。
誰かが買い占めているんじゃないか?と思うくらい。

何故?
知っている人がいらっしゃいましたら、教えてください。
本当に。

そんな中見つけた1冊。

クシェメンツォヴァという、小さな古本屋さん。
ドアの窓から店内をのぞくとバナナの箱がつんであって、
「あれ?ここ本屋じゃないの?スーパー?」
と一瞬考えてしまいました。
私を見つけた店員の女性の方がニコっと笑って「どうぞ、入って」という感じだったので入ってみると、バナナの箱には本がぎっしり。
店内にもぎっしり!

さっそく
「ヨゼフ・パレチェクの本はありますか?」
とチェコ語で書いた紙を見せると
(※ヨゼフ・パレチェクの発音が難しく、言ってもわかってもらえないので紙に書きました)
「調べてみるから待って」と店長さんらしい男性が英語で答えてくれました。

しばらくすると店長さんらしい男性が
「倉庫にあるから着いて来て」と。
お店の裏口から外廊下に出て倉庫に入ると、バナナの箱がわんさと積んであるではありませんか!

箱が5段くらい積んである一番下の箱にどうやら入っているらしく、店長さん(勝手に店長にしちゃいます)はわざわざ箱を動かして一番下の箱からパレチェクの絵本を取り出してくれました。
それがこの絵本でした。

『Kouzelny sad“魔法の果樹園”』1986年に制作された絵本です。

どこかで見たことある・・・と思って後で調べてみたら、
チェコアニメで発表された絵本でした。
うん、見た。見たぞ。アニメーション見た。思い出した。

ほ、欲しい!でも値段が気になる・・・。すっごい高かったらどうしよう〜。
そしたらカードで買うしかない!

恐る恐る値段を聞くと、チェココルナで350チェココルナ。
日本円にすると約1960円くらい。

即買いでした016.gif
念願の絵本!
嬉しかった〜。

絵本なら日本でも買えるしネットでも買えます。
でもそうじゃなくて、自分の足でプラハの街を歩いて探すことに意義があるのです。


今度またプラハを訪れる時には(絶対に行くぞ)、
プラハ中の本屋をまわって、ゆっくりじっくり捜してみたいと思います。

古本屋の情報は、
『チェコへ、絵本を探しに』(チェドックザッカストア・谷岡剛史著)を参考にしました。

一番行きたかった猫ちゃんのいる古本屋「ミンガス」は移転してちょっと遠くなっていたため、
今回は行けませんでした。
猫ちゃんも高齢のためお店には出ていないということで・・・。
残念でした。

でも今度は絶対、行くぞ〜!


次回は旅行記ウィーン篇です。
お楽しみに!
[PR]

by ya-copo | 2013-07-04 19:43 | 日々のこと

今年の牡丹   

2013年 05月 16日

今年の牡丹は良い牡丹・・・なのかどうか、わかりません。
だって、実家の牡丹の花を見ることなんて今までなかったのですから。
この時期に米沢にはいませんでしたから。ずっと、長い間。
だから、庭に牡丹が咲いているのがとっても新鮮で、
思わずパシャリ。
a0116106_18285787.jpg


ついでに、子供の頃に良く遊んでた空き地(私たちは広場と呼んでいたけど)もパシャリ。
わかるでしょうか。
真ん中に何やら黒い物体が・・・。
a0116106_18302166.jpg


キジです。
a0116106_18313589.jpg

ふむふむ、毎朝早くからケンケン鳴いているのは君かい?
お友だちになりたいけど無理だろうね?

この空き地、昔は朽ち果てた家があったりたくさん木が生えていたり、枯れた池があったり、本当に子供の遊び場にぴったりでした。
今はキジの住処のようです。
[PR]

by ya-copo | 2013-05-16 18:40 | 日々のこと

出発   

2013年 05月 01日

a0116106_12362387.jpg

木版画作家でイラストレーターの小平彩見ちゃんが「かめちゃんを想って彫ったよ」と言って
プレゼントしてくれた木版画(彩見ちゃん、あらためてありがとう(涙))。

「出発」

約20年住んだ東京を離れ、このたび仕事場を生まれ故郷の山形県米沢市に移しました。
作家活動に専念するためです!
新たな「出発」です。

米沢を離れて24年。
戻って参りました。

おじいちゃんが使っていた机を仕事机にし、さっそく仕事。
窓の外に目をやると、まだ雪の残る山が見えます。
ああ、これからは山の写真ではなくて本当の山を見ながら描けるんだなあ・・・。

4月になってからというもの、東京での引越準備と終わらせなくてはいけない仕事と諸々で息つく暇もなく、
4月下旬に米沢に引越。
ようやく実家の部屋もなんとか片付いて(まだ部屋の一部は見たくない状態ですが)
ブログを更新する時間が持てました。

『あまちゃん』見る暇もなかった・・・。

母には「疲れた顔をしている」と言われ・・・。はい、そうとう疲れてます。

今までずう〜っと一人気ままに生きてきたので、両親と暮らすことでストレスを感じることもあると思います。いや、絶対にある・・・。
でもそれも覚悟で帰ってきました。

人と共存出来る人間に、私が変わらなくてはいけません。
神様、どうぞ私を変えてください。
愛を持って接し、仕えていくことができますように!

ミュウミュウはというと・・・
また今度書きます(笑)。ミュウミュウのことでも書きたいことがたくさん!
ミュウミュウにとっても、この一ヶ月は大変だったもんね。
とりあえず元気です。
a0116106_13121650.jpg

[PR]

by ya-copo | 2013-05-01 13:29 | 日々のこと

びっくりケーキ   

2013年 03月 30日

桜舞い散る千川通り沿いの練馬グレースチャペルにて、
送別会をしていただきました。

皆さんが持ち寄ってくださった美味しいお料理に舌鼓。
パントマイマイーよっぴいすさんの味わい深いパントマイムにみんなで大笑い。

「次はケーキ入刀です!」
え?結婚式ですか?いやいや、私の送別会のはず・・・。

すると、なんと!
こんなケーキが登場!
a0116106_2174376.jpg

こ、これは私の絵ではないですか!
私の絵がケーキに!か、感動。

今の時代、こんなケーキもできるんですね。
じゃあ、大好きな人の顔でもできるわけだ。
でも、切って食べちゃうんですけどね(笑)。

もちろん美味しくいただきました。

その後、「私とミュウミュウのこれから」を題材にした絵を皆さんが描いてくれました。
希望と愛にあふれる絵ばかりで、こちらも感動!

この感動を月替わりで額装して飾ろうと思います。
そのつどブログにてアップさせていただきます。覚悟してください(笑)。

あ〜あ、こんな素敵な仲間と離れるのは寂しいけれど、私たちは神の家族!
距離は遠くなっても隣人だよね。
皆さんの励ましと祈りを持って、派遣されていきます。

これからもずっとずっとよろしくね。
今日は本当にありがとうございました!


永遠に 永遠に あなたと あなたたちと生きる。
a0116106_2194771.jpg

[PR]

by ya-copo | 2013-03-30 21:10 | 日々のこと

東京の思い出作り その3   

2013年 03月 18日

レンタカーを借りて、親友のんちゃんと三浦半島に行ってきました。
行きの後半までは私が運転!2時間ちょっと運転したのは初めて。
のんちゃんのご指導のもと、高速道路も走りました。
いやあ、緊張した〜。
でも、いい経験と思い出になりました。

もう東京を自動車で走ることもないかもしれないしね。

三浦半島の城ヶ島ウミウ展望台へ。のんちゃん後ろ姿。
a0116106_21192396.jpg


海には猫ちゃんがつきもの?とっても人なつこい子でした。
a0116106_21154977.jpg


展望台でのんちゃんお手製の愛情弁当!寒かったけど最高に美味しかったなあ〜。
a0116106_21221891.jpg


三浦海岸のドライブと帰りの運転はもちろんのんちゃんにおまかせ。
やっぱり助手席は楽ちん〜。

のんちゃんとゆっくりドライブ出来たこと、いろいろ話が出来たこと、またまた思い出の1ページが増えました。
のんちゃん、私の恐ろしい運転に付き合ってくれて、美味しいお弁当も作ってきてくれて、
ありがとう
016.gif

またこんな日が来ることを神様に祈りつつ・・・。
[PR]

by ya-copo | 2013-03-18 21:31 | 日々のこと

東京の思い出作り その2   

2013年 03月 09日

「東京を離れる前に行きたいところがあったら一緒に行こう」と言ってくれる友人たちがいることをいいことに、またまた遊びに行ってきました。

「藤子・F・不二雄ミュージアム」。

やっぱり行っておかないとでしょう!

ジブリ美術館と同じく予約制。
小田急線の登戸からバスか、向ケ丘遊園から徒歩16分ほどのところにあります。

音声ガイド「おはなしデンワ」を受け取って展示室へ。
壁に書いてある番号を押すと展示の説明等をしてくれるというもの。耳にあてて電話のように使うので、音がもれることもなく鑑賞の妨げにならずに説明が聞ける優れものでした。
これもドラえもんのポケットから出したのかしら??

展示物は原画と印刷物がまざりあっています。そうですよね。原画は大切なものなのでずっと展示しっぱなしというわけにはいきません。だから原画の代わりに印刷物の展示も仕方がないのです。

でもやっぱり原画はいいですね〜。

忘れていましたが・・・ドラえもんって泣ける話しが結構あったんだった。
原画を読んでいて涙腺がゆるむシーンもたびたび。

もちろんドラえもんだけじゃありません。
オバケのQ太郎やパーマンやエスパーマミやキテレツやチンプイや!
懐かしいなあ〜。

高校生の頃に描いたという漫画の完成度の高さと言ったら!
手塚治虫もそうだけど、彼らは子どもの頃から本気だったんだなあって感じる。
小学生の頃の絵だとしても手を抜いていない。
才能があっても本気じゃなきゃ描けないよね。本気の“過去”があってこそ“今”があるんだよね。
そういう熱い想いが垣間見えてなんだか感動しました。

Fシアターでショートムービーを見たりまんがコーナーでちょっと漫画を読んだり(ああ、もっと読みたかった)した後は、ミュージアムカフェでランチです。

いろいろ気になるメニューばかりでしたが、今回は見た目で選んでみました。
じゃじゃじゃ〜ん。
ジャイアンカツ丼!
a0116106_22491026.jpg

う〜ん、さすがジャイアン。お腹いっぱいになりました。

そしてカフェラテも可愛いね。
a0116106_22583869.jpg


心置きなく楽しんだ後は、生田緑地の「かわさき宙(そら)と緑の科学館」へ。
お目当てはプラネタリウム。
プラネタリウムなんて何十年ぶり?
3月の夜空の星達を見上げながら、お腹もいっぱいだった我々3人は、途中からの記憶がなくなるのでありました(笑)。

梅園では梅が見頃でした。
春だね、蜂くん。
a0116106_2365424.jpg


たくさんたくさんある東京の思い出にまた1ページ増えた春の日でした。
一緒に行ってくれたSさん&Nちゃん、ありがとう!
[PR]

by ya-copo | 2013-03-09 23:09 | 日々のこと