カテゴリ:絵本( 8 )   

絵本翻訳出版のお知らせ   

2015年 10月 22日

絵本『ネルとマリのたからもの』(PHP研究所=刊)が、
中国より翻訳出版されました。

中国の皆さんは、どんな感想を持ってくれるかなあ。子どもも大人も。
特に子どもの感想を聞いてみたいです。

中国にお知り合いがおられる方、ぜひ薦めていただけたら嬉しいです016.gif

a0116106_17584096.jpg

a0116106_1759384.jpg

[PR]

by ya-copo | 2015-10-22 17:59 | 絵本

時の宿すみれ   

2010年 11月 04日

先日、山形新聞「アートフロンティア」の欄に掲載した私の童話を読んでくださった方から感想のメールをいただきました。

その方は山形県米沢湯の沢温泉にある「時の宿すみれ」の女将さんでした。
「時の宿すみれ」は以前テレビで紹介されていたのを見て「うわ〜、素敵な宿だな!」と思っていたので、メールをいただいた時はびっくりしました。
暖かい感想に励まされ、女将さんのお客様に対する真心ともてなしの心に感動しました。

絵本を宿においてお客様に見てもらえるようにしたいとのこと!
感謝です!

絵本をお送りしたところ、すみれ便りにさっそく取り上げてくださいました!
本当に嬉しいことです。

いろんなところで、いろんな人に支えられ励まされ、私は幸せ者です。
「時の宿すみれ」の女将さん、ありがとうございます。

私もいつかきっと大切な人と、思い出を作りに行ってみます012.gif

う〜ん、ホームページを見ているだけで楽しくなってきた。
露天風呂気持ち良さそう!
どの部屋がいいかなあ〜。
ああ〜、米沢牛!!(じゅる011.gif



ついでに報告。
ミュウミュウはその後粗相をしていません。
おねしょシーツ届いたとたんにしなくなりました(笑)。
毎日一緒にたくさん遊んでいます。
今は膝の上で寝ています。
ふわふわであったかい・・・。
a0116106_21431139.jpg

[PR]

by ya-copo | 2010-11-04 21:49 | 絵本

絵本市報告と新作のお知らせ   

2010年 10月 26日

10月24日に江古田ゆうゆうロードで行なわれた絵本市。
無事に終了しました。

足を運んでくださった皆様、お手伝いくださった皆様、差し入れしてくださった皆様、絵本を提供してくださった皆様、急な絵本献本のお願いにご協力くださった練馬グレースチャペルの皆様、素敵なライブを聞かせてくださったオトノワのお二人、そして絵本市を開催してくださった「きこころ」さんに心から感謝をいたします。ありがとうございました!
天気もぎりぎり守られて良かった〜。

スペシャルゲスト「オトノワ」さんのライブ。
優しい歌声と曲に心がなごみました。絵本市にぴったりでした!
a0116106_16393283.jpg


続いて『どんぐりのき』を読み聞かせさせていただきました。
皆様、へたくそな読み聞かせを暖かい目で見守ってくださりありがとうございました。
もっと練習します012.gif Gちゃんに負けないように(ひとりごと)037.gif
a0116106_1643684.jpg


とても楽しいイベントでした。また来年の春に予定しております。
その時には新作を読み聞かせします。

ということで、新作のご案内です!
11月3日頃からPHP研究所より発売となります。
『ネルとマリのたからもの』です。

素敵な宝物をたくさん持っているマリをうらやましく思っていたヤマネのネルは、きれいな小鳥の羽根を集め始めます。羽根集めに夢中になっていたある夜、ネルはふくろうにつかまってしまいます・・・。
a0116106_17165520.jpg


宝物って何だろう?本当に大切なものって何だろう?永遠のテーマですね。
発売された暁には、ぜひお手に取ってごらんくださいませ。
全国の書店、アマゾンなどのネット販売でご購入いただけます。
よろしくお願いいたします。



あなたがたの宝のあるところに、あなたがたの心もあるからです(ルカ12:34)
[PR]

by ya-copo | 2010-10-26 17:37 | 絵本

絵本市のお知らせ   

2010年 09月 27日

めっきり涼しくなって、風も空気も雲の形も秋らしくなってきましたね。

そんな秋空の下、絵本市が開催されます。

「きこころ」絵本市。
2010年10月24日(日)
PM1:00〜PM6:00まで。
江古田ゆうゆうロードにある「きこころ」(とっても素敵な雑貨屋さん)脇の駐輪場スペースにて(西村文具隣り)。
※雨天の場合は中止となります。当日「きこころ」ブログにてご確認ください。

絵本の古本市と、私も参加させていただき、読み聞かせを行ないます。

読み聞かせはPM2:00〜とPM4:00〜の2回です。
ぜひお越しください!

絵本市では出店者を募集しています。出店料は無料です。
出店人数は8人(8組)までとなります。
出店ご希望の方は、「きこころ」さんまで直接お越しいただいての申込となります。
よろしくお願いします。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。
a0116106_1812429.jpg

[PR]

by ya-copo | 2010-09-27 18:02 | 絵本

小平彩見 木版画と本「ごきげんな裏階段」原画展   

2009年 06月 27日

友人の木版画作家、小平彩見(さいみ)ちゃんの原画展に行きました。
『ごきげんな裏階段』(佐藤多佳子 作・日本標準=刊)の挿絵の原画展。
a0116106_17505623.jpg

「タマネギねこ」「ラッキー・メロディー」「モクーのひっこし」
ー古いマンションの裏階段を舞台に、住人たちとふしぎな生き物との
ヘンテコで魅力あふれる日々を描いたお話3編ー(DMより引用)

まだ本は読んでいませんが、展示を見るにつけどんな話なのか気になる〜!

木版画は独特の味わいがありますね〜。
モノクロの世界とはいえ色を感じるのはなぜでしょう?
ねこの色は茶とらです(勝手に)。
ねこもモクーも可愛い〜。
モクーですよ、モクー。モクーがひっこしするんですよ。気になりませんか?

a0116106_17512899.jpg
写真は彩見ちゃん。
子育てしながら作家活動。秋には二児の母。頭が下がります。

残念ながら展示は明日まで。

小平彩見 木版画と本「ごきげんな裏階段」原画展
場所:花影抄(根津にある素敵なキャラリーです)
最終日13時から16時までです。

今度は2人展やろうねー。
[PR]

by ya-copo | 2009-06-27 17:40 | 絵本

マルタ・コチ『みどりの どりちゃん』   

2009年 04月 08日

この絵本を再び手にすることができるとは!!
a0116106_20221357.jpg

マルタ・コチ『みどりの どりちゃん』(学研ワールドえほん:昭和51年発刊)

私が幼稚園の時に読んだ絵本です。

ず〜っとず〜っと心に残っていました。
でも誰が描いたかもどこから出版されたのかもわらかず。。。
そうですよね。子どもの頃なんてそんなこと気にして読まないですよね。

探して調べてやっと作者がチェコの絵本作家「マルタ・コチ」とわかった後も
見つけることができなかったのです。
すでに絶版だったようで。

が!

見つけました!
「古本海ねこ」さんで!
しかも状態がとてもいい!
店主さんの対応もとっても丁寧で素敵なお店&人(ネット販売なのでお会いしていないのですが)でした。
お薦めです。

探してみるもんですねえ。しみじみ・・・感動・・・。

何度もじっくり読みました。

実は、
どりちゃんは、ちょっと自分勝手な子と記憶していました。
読み返してみると、そんなに自分勝手な子には感じないけど?


どりちゃんはある大きな木に水をやる係です。
でもある日ちょっとつまらなくなって遠くの村に遊びにいきます。
それから数日村に滞在します。
そのあいだ、木は元気がなくなって枯れてきてしまいます。


なるほど。
ここで小さい私は「どりちゃんは自分勝手な子」と感じたようです。
自分ばっかり楽しんで、木に水をあげなかったからです。

幼稚園児とはいえ、こういう感想をしっかり持つものなんですねえ。

その後ちゃんとどりちゃんは木に水をやりに帰ります。
で、木は元気になります。ご安心を。

ではどうしてこんなに心に残っていたのでしょう。
それはどりちゃんが
みどり色の髪をして
みどり色の羽根を持って
大きな木に住んでいたからです。
強い憧れがあったんでしょうね。

わあ、なんだか小さい頃の自分と会話してるみたいだ。。。

こういうのっていいな。
[PR]

by ya-copo | 2009-04-08 21:11 | 絵本

2年前に注文した本が届きました   

2009年 03月 23日

すっかり忘れていました。
2007年の4月に注文していた絵本だったのですから。
a0116106_2118487.jpg


もう重版未定の絵本で、入荷したら・・・ということだったのです。
当初はどうしても欲しかったので待つことにしたのですが、
まさか2年もたって届くとは。


ぶなの木は じぶんも とびあがろうとして、
うなりました。
「だめだ。ぼくの あしったら、じめんに
しっかり くっついているんだもの」
うさぎたちは、はねながら とびながら
どこかへ いってしまいました。
「ちえっ、うさぎは いいなあ。とんぼがえりが
できて いいなあ。どこへでも かけて いけて
いいなあ」
(文・神沢利子)

2年前とは違った気持ちで読んでみようっと。
[PR]

by ya-copo | 2009-03-23 21:29 | 絵本

ルウとリンデン 旅とおるすばん   

2009年 03月 08日

昨日友だちのKORさんから絵本をもらいました。

『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(作:小手鞠るい 絵:北見葉胡)=講談社/刊
a0116106_18133258.jpg



ルウ(女の子)が旅に出ます。
リンデン(猫)はおるすばんをします。

しかし・・・

我が子をおいて、旅行を心から満喫できるとお思い??

無理です。

そういうお話です。
ピストン西沢じゃないけれど「わかるうう〜〜」と言いたくなる場面ばかりです。


去年私は訳あって京都に2泊3日で行ったことがありました。
KORさんにご飯やトイレの世話をお願いし、京都に行きました。

遊びで行ったのではなかったけれど、楽しめるポイントはたくさんありました。
京都の町並みや初めての祇園祭り。夜の京都散歩。
それはそれで楽しかったのですが・・・。

すでに1日目にして早く帰りたくて仕方ありませんでした。

そして「もう二度とミュウミュウをおいて2泊なんてするものか!」と心に誓いました。

帰った時はおいおい泣きながらミュウミュウをぎゅ〜っとして
「ごめんねえええ」を何度も言いました。

a0116106_1827397.jpg


ミュウミュウといえば、
そんなブログを書きながら感傷にひたっている私の前を、
さっきから何度も無理矢理走り抜けていきます。
「ご飯よこせ〜」のさいそくらしいです。。。

ご飯あげてきます。
[PR]

by ya-copo | 2009-03-08 18:40 | 絵本