人気ブログランキング |

粘土の正体は・・・HIKESHIピースアド展   

2009年 11月 07日

<HIKESHIピースアド展>
11月9日(月)から11月20日(金)までの2週間、
世界銀行情報センター1階ロビーにて開催されます。

ピースアドとはプロパガンダ(戦争煽動)の毒消しや予防をする、平和構築が目的の広告のことです。

HIKESHI(ひけし)とは、戦争の火を消す人のことです。

HIKESHIクリエーターとは、クリエイティブの力で戦争の火を消すピースアドを制作するコピーライターやアートディレクターのことです。


先日のブログに書いた粘土が、このピースアド展とどのような関係があるかといいますと・・・
HIKESHIクリエーターの一人であるグラフィックデザイナー富岡史棋氏
お手伝いで動物を作ったのです。
ちょっとですが・・・。


しかし、焼く粘土で作った猫が失敗に終わり(焼いたら割れました。とほほ)、
初めて樹脂風粘土なるものを使ってみました。
白玉をこねくりまわしてるような感覚。気持ちいい〜。
でも、付け足した粘土跡が綺麗にならないのがちょっと不満です。
陶芸用の粘土だと、なめらかに跡が消せるのになあ。


ということで、ピースアド展よろしくお願いします。


<HIKESHIピースアド展>
11月9日(月)から11月20日(金)までの2週間
展示会場:世界銀行情報センター(PIC東京)1階ロビー
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階
地下鉄三田線 内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線 霞ヶ関駅下車

(世界銀行東京事務所ホームページより引用)
今回、東京外国語大学に学ぶ紛争当事国からの留学生と、日本を代 表するアートディレクターが力を合わせて、習作としてのピースアド20点を制作しました。平和構築のために、世界の戦争の火を消すために、クリエイティブ がその真価を発揮します。国を越えてつながる人の心の灯を、世界が直面している炎を、クリエイティブの閃光を、目撃してください。お待ちしております。

ピースアド展は、文部科学省 大学院教育改革支援プログラム 東京外国語大学平和構築・紛争予防修士英語プログラムの一環です。博報堂、電通のご協力を得て開催しています。


<HIKESHIトークセッション>
11月18日(水)18:30〜20:00 
世界銀行情報センター(階数確認中)にて
伊勢崎賢治・マエキタミヤコ
会場詳細
 名称:世界銀行情報センター(PIC東京)
 住所:〒100-0011東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階(ロビー)
 地図:http://go.worldbank.org/NNCJBNMJH0
 最寄り駅からの行き方:地下鉄三田線内幸町駅直結、日比谷線・千代田線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口
 開館時間:月〜金 午前10時〜 午後6時(イベント開催時は午後8時まで)
 休館日:土日・祝祭日および年末年始 (臨時休館日あり)
 お問い合わせ連絡先:Tel: 03-3597-6650 Fax: 03-3597-6695
 E-mail: ptokyo@worldbank.org 担当者名:安田


a0116106_16554761.jpg

ミュウミュウは自分のお仕事、ふみふみ中。

by ya-copo | 2009-11-07 16:56 | アート

<< 回復祝いのジュリー 粘土を買い込み・・・ >>